2015年6月

24日

2nd

ゲームを制作していて思うのは多過ぎる作業というのはやる気を削るのだなあということです。
毎日地道にやっていけばいつかは終わるはずなのですが、なかなかモチベーションが上がりません。
かと言って別の作業をやると下の仕事をやるモチベーションに移行できません。
やっぱり計画の段階である程度しっかりしといたほうがいいなと思いました。

21日

2nd

チームでゲームを作る上で何が困るかって、
なにかしらの仕事の分担をするときに「俺はこれできない」、「私には無理」とか言われることですね。
じゃあ、何なら出来るんだよと思います。
みんなできないなりになんとか頑張っているのに無様な姿を晒したくないのかそんなネガティブなことを言われると
話が進みません。
せめて何ができるのか何がしたいのか言って欲しいです。

20日

faida

結局こんな時期までコンペにかかってしまいましたfaidaです。
外部向け公開を多少考えてはいますが、生憎素材屋様のグラフィックやらスクリプトやら音楽やらを大量に導入しており
これをオリジナルなんて呼ぶのは浅はかだと思います。
まぁそんなの気にしないよ!って方は是非ともプレイしていただければと思います。

あ、FIRST COMPROMISEの方もよろしく。

18日

temporal

お久しぶりです。
たまには書かないとですね…
2年生のプロジェクトは大きなリセットがありましたが、
少しずつ前に進んでいる…気がします。
それと職務怠慢してたので、近日中に部長あいさつと部員名簿を更新したいです。

rute.

 物語には程度の差こそあれ緩急ってのがあります。まったり、のんびりと進んだり、特にこれといった出来事の起こらない穏やかな時もあれば、急展開を迎えたり、一気に盛り上がってきたり、そういった波がそこにはあります。そういった緩急の中で一つ抜きんでて大きいものとしては、彼らに起こる「死」でしょうかね。
 死、あるいはもっと広く、悲劇的な出来事というのは読み手の心を突き動かします。それは重さというかどんよりとした闇のようなものもあるし、彼らに涙するようなどうしようもなく切ないものもあります。
 ちょっと目にした書き込みで興味を引いたのが、そういった悲劇とか残酷さでも「ロマンチック」や「キラキラ」のある悲劇、というはなし。シリアスなんだけどがっつり暗くする鬱じゃなくて、物語を引き立てていくそういった感じなんだとか。
 自分自身物語をさほど読み込んだわけでもないのでよく分かるとかそんなことはないけど、でも物語を作る側としてはちょっと考えてみたいですね。それこそRPGなんかでも人の死が組み込まれることも多々あるわけでして。その悲劇は軽く扱われるのか、それとも重いものなのか。そしてそれはただひたすらに落とすためのものなのか、繋がる物語なのか。作るものと合わせてここらへんいろいろ見てみるのもいいかな、と。

16日

Hanx

我ながらやる気には波があります。
モチベ重要です。

11日

2nd

ゲームにおいてそれぞれ、人によってこだわりというものがあると思いますが、
それはやっぱり人それぞれで違っていて、
だからこそゲーム制作の役割分担があるのではないかと思います。
まあ、時間をかけてこだわって作るところは人によって違うよねというそういうお話。

10日

2nd

ゲームを作っていて思うのは、細かいところに時間をかけようと思えば
いくらでもかけられるけど、実際時間は有限なのでどこかしらで
サボらなければいけないなと感じた。
まあ、サボるポイントはプレイヤーがどれだけその部分を気にするかだと思う。

9日

2nd

ゲーム制作で大事なのはなんだかんだ言って、
定期的にメンバー同士が会うことだと思います。
メンバー同士で定期的に会うことで作業をしなければと思います。
そうでないと、人間はついついサボりがちです。

8日

Hanx

今日は1・2年の集会がありました。
1年プロジェクトがやっと立ち上げられそうです。
あと大学祭の企画名もたぶん決まったのかな?
今年もネタに走った企画名ですが個人的にはしっくりきてます。
まだまだずいぶん先ですが大学祭をお楽しみに…

2日

2nd

コンペ期間も終わりましたが大体毎年、コンペ期間は延びます。
これは恒例行事みたいなものです。
とはいえそろそろ制作の方にも取り掛からなければなりません。
というわけで毎日頑張っています。

1日

Hanx

6月になりました。一応コンペ期間終了です。
グラ班コンペではグラ班からもそれ以外の方からもたくさん投稿してもらいました。
みなさんお疲れ様でした!
とはいえグラ班コンペまだまだ募集中です!
去年のコンペ見たら7月くらいまでやってました(笑)

  • 最終更新:2015-06-24 23:07:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード