2013年5月

28日

やか


こんばんは! やかです。
グラフィック班にも新入生が来てくれて嬉しい限りです(^o^)
一緒に楽しみながら作品づくりに取り組んでいきましょう!
コンペ作品は只今制作中。やっと題材とポーズが定まったところです。遅いですねすみません

良いネタが思いつかなかったのでアドバイス(?)も兼ねて自分語りします。
初めてペンタブを触った頃、やはりアナログからデジタルへの移行に苦労しました。
画面とペンタブが離れているのに慣れなくて上手く線が引けなかったり、塗りが不自然になったり……
月並みな意見になってしまいますが、とにかくたくさん触って慣れることが大切です。
最初は使いづらくても、描き続けているうちに手放せないツールになってきます。
もし購入を迷っている方がいたら、思い切って買ってしまうことをおすすめします。決して損はしないと思います。

班長らしいことがいまひとつできていない気がしますが、私も技術の追いつく限りで相談に乗るので
困ったことがあれば捕まえて聞いてみてくださいね!

20日

ルー大公

1か月ぶりの日誌更新ですね(汗)。どうも、ルー大公です。
桜の季節はいつしか終わり、風薫る、という季語が脳裡によぎるような爽やかな日も時折見られますね。(最近はもっぱら湿っぽくなりましたが)
大学でも新歓の熱は冷め、北キャンの廊下では「張り紙禁止」の張り紙のみがひっそりと張り出されただけになり、私も新入生と間違われてサークル勧誘を受けるということもなくなりました。季節の移ろいをしみじみと感じます。

さて、これでも音楽班の端くれとして、たまにはその手の話題を書いてみます。一応幅広い読者層(居るのかしら)を意識して、分かり易く言い換えながら書きます。

最近班内のコンペ(全体研修?ちょっと違いますかね)にて、音源を導入してみることを求められまして、自分も導入してみました。使用したのはTiMidity++というフリーソフトで、何らの難しい操作もなしにMIDIで書き出した音楽ファイルを、音を変えてWav形式にできるスグレモノです。
やってみて分かったことは、音が変わると曲の印象も変わる(こともある)ということです。当たり前ですが、使用する楽器が違えば音楽性が変わりますが、それはDTM(≒パソコンでの作曲)についても言えるのだということを再認識致しました。
当然、そうなれば使いこなすにはある程度の研鑽が必要になりますが、果たして、四つに組んで真摯に向き合える時間はあるんでしょうか・・・。既に今迄通りDominoと戯れるような予感がしている今日この頃……www

後輩で既に素晴らしい技術・才能をお持ちの方もいらっしゃいますし、私はもう気楽な作曲ばかりやってればいいんじゃないですかねwww

  • 最終更新:2013-05-29 23:19:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード